叶うなら、彼らに永遠の◯◯を

ジャニーズアイドル NEWSが大好きな飲酒プレイヤー

【ジャニオタとコスメ】ブラウンリップ15選【毎日これでエエ】

ブラウンリップが大好きなのでスタメンにいるベージュ〜ブラウン系のリップを一覧にしてみる。

 

自分でも同条件で比較とかしたことはなかったので、

新しいイカレたメンバーを加入させるためにも手持ちを把握したく。

 

f:id:tegomassneverland:20200520010130j:image

  1. 【RMK】リップバーム <LC>
  2. 【DIOR】ディオール アディクト リップ マキシマイザー(限定色)020ブラウン
  3. 【LusciousLops】335cinnamon Crush
  4. 【B♡IDOL】つやぷるリップ03こなれBEIGE
  5. 【B♡IDOL】つやぷるリップ06きまぐれBROWN
  6. 【B♡IDOL】つやぷるリップ08告白PINK
  7. 【B♡IDOL】つやぷるリップ09無敵テラコッタ
  8. 【LAURA MERCIER】ルージュエッセンシャルシルキークリームリップスティック05BRUN NATUREL
  9. 【celvoke】ディグニファイドリップス09:テラコッタ
  10. 【LANCOME】ラプソリュルージュR274クールドゥリュピ 
  11. 【Glossier. Play】Vinylic Lip Pony(a dark taupe) 
  12. 【glossier】Generation G LEO
  13. 【UZU】38°C/99°F LIPSTICK <Tokyo edition>-2:brown 
  14. 【Le merveilleuses LADUREE】STICK ROUGE 02デスタン
  15. 【TOM FORD】ボーイズ & ガールズ(リップカラーシアー)19Dニコ 

 

 

 

f:id:tegomassneverland:20200520011317j:image

【RMK】

リップバーム <LC> 

2,200円

去年の誕生日に友達にもらったもの。

バームなのでオイルよりも硬く、リップの下地に使いがち。

元の唇の色の参考に。

 

 

f:id:tegomassneverland:20200519235419j:image

【DIOR】

ディオール アディクト リップ マキシマイザー

020ブラウン(限定色) 

4,070円

発売時にはスルーしたものの、後から「うわ〜やっぱ欲しいな〜欲しいな〜怖いな怖いな〜」と思っていたらやはり再入荷メールが届いてしまった。

 

かわいい

買ってよかった。

毎日これでエエ。

 

以上だ。

 

 

f:id:tegomassneverland:20200519235459j:image

【LusciousLops】

335cinnamon Crush 

7,150円(※)

去年出会って愛し合ったラシャス。

一人目(クリア)は毎回メイク前の仕込みプランプとして半年で使い切り。

二人目は在庫の関係で似合わない色(コーラル+ゴールドラメ:331)を選んだのだが。

f:id:tegomassneverland:20200519235608j:image

交際すること数ヶ月・・・

最終的なリップを塗る前に、ティッシュオフするので色味は何でもいいやと思ったものの、

プランプ効果を生かすためにメイク序盤から塗っているので、、、

テンションが下がりまくる。

眉毛描いてても、アイシャドウ塗っても、チーク選ぶのもハイライト入れるのも、

何をするにもリップの色味が邪魔でテンションが下がる。

似合わない色を塗っているとこんなにテンション下がるのかと驚いた。

いくら優しくても顔が好みじゃないと付き合っていられない。

二人目との交際がまだ終わらないうちに買ってしまった三人目がこちら。

335シナモンクラッシュ(ブラウン系)

やっぱり彼だったわ。

すぐ付き合えそうだからってタイプじゃない人選ぶのはよくなかった。

かませ犬のコーラル(かわいい・似合わない)は別の女のところへ行く予定です。

 

ちなみに前述のマキシマイザー(ブラウン)を一度は諦めた理由はこのラシャス335を取り寄せている最中だったからです。

f:id:tegomassneverland:20200520000857j:image

だがしかし。

 

かわいい

買ってよかった。毎日これでエエ。

 

以上だ。

(※)クリニックによって販売価格が違う

 

 

f:id:tegomassneverland:20200519235828j:imagef:id:tegomassneverland:20200519235838j:imagef:id:tegomassneverland:20200519235849j:image

【B♡IDOL】

つやぷるリップ 

03こなれBEIGE 

1,540円

f:id:tegomassneverland:20200520000357j:imagef:id:tegomassneverland:20200520000404j:imagef:id:tegomassneverland:20200520000418j:image

【B♡IDOL】

つやぷるリップ

06きまぐれBROWN 

1,540円

f:id:tegomassneverland:20200520000435j:imagef:id:tegomassneverland:20200520000444j:imagef:id:tegomassneverland:20200520000514j:image

【B♡IDOL】

つやぷるリップ

08告白PINK 

1,540円

f:id:tegomassneverland:20200520000532j:imagef:id:tegomassneverland:20200520000542j:imagef:id:tegomassneverland:20200520000551j:image

【B♡IDOL】

つやぷるリップ

09無敵テラコッタ 

1,540円

今年、遅ればせながらアカリップデビューさせていただいたのですが、

唇よわよわ芸人のわたくしにもやさしいヤーツ。

スウォッチだと、08・06が結構似た発色になるんだけど、

f:id:tegomassneverland:20200520000937j:image

(写真は左から09、08、06、03)

唇だと08って結構ちゃんとピンクだな?

 

つまり

 

かわいい。

買ってよかった全部。毎日これでエエ。

 

以上だ。

 

 

f:id:tegomassneverland:20200520000609j:imagef:id:tegomassneverland:20200520000617j:imagef:id:tegomassneverland:20200520001008j:image

【LAURA MERCIER】

ルージュエッセンシャルシルキークリームリップスティック

05BRUN NATUREL                

3,960円

 

なあ?なあこれ、一番可愛くないか?

なあて?

可愛いな?一番かわいいな?毎日これでエエな?

わかります。

ブラウンの中でも赤とオレンジのバランスが良いので肌色をあまり選ばずに使えると思う。

PCに負けないぞ!ブラウンリップを塗るんや!

という強い意志さえあれば受け入れてくれる懐の深い1本。

写真では割とピタッと塗ったけど、ベースにブラウン系のプランプ仕込んで、

ティッシュオフせずに重ねたら、牛タンみたいになって美味しそう!

f:id:tegomassneverland:20200520011736j:image

乾杯!

国内発売前から「05はマストバイ!」との声が多かった通り、

発売しばらくは大変買いづらい状態が続いていたような気がするけれど、

今はそんなことないのでブランリップ好きな人は必ず購入することをお勧めします。

 

 

f:id:tegomassneverland:20200520000959j:image

【celvoke】

ディグニファイドリップス

09:テラコッタ                

3,520円

前述ローラメルシエが赤寄りのブラウンだったのと比べると、

オレンジ寄りのブラウン。

テラコッタという色の流行に超絶貢献したと思う。

長いことバズって売り切れ続いていたけど、今はオンラインでも買えるみたい!

オレンジと言い切るには複雑で深い色。まさにレンガ色ってやつ。

ツヤでもなく、完全なマットでもなく、ムースみたいな質感も超オシャレ。毎日これでエエ。

ていうかこれ一番かわいいな?

なあ?これが一番だな?なあて?

さっきのローラメルシエ05はあまり人を選ばない安全なブラウン。

つまり一番かわいい。

セルヴォーク09は発色も良く質感もポイントになるのでオシャレなブラウン。

つまり一番かわいい。

 

以上です。

 

 

f:id:tegomassneverland:20200520001049j:imagef:id:tegomassneverland:20200520001055p:image

10

【LANCOME】

ラプソリュルージュ

R274クールドゥリュピ

(愛されミルクティー

4,400円

今年のお正月に限定パッケージがきっかけで購入した一本。

限定パケは終わっても、定番色で買えます!

限定発売時にミルクティというコピーがついたのも頷ける、

ほんのり白みの混ざったピンク+ブラウン。

もしもスイーツだったら、イチゴチョコみたいな味がしそう。つまり毎日これでエエ。

 

 

f:id:tegomassneverland:20200520001111j:imagef:id:tegomassneverland:20200520001120j:imagef:id:tegomassneverland:20200520001130j:image

11

【Glossier. Play】

Vinylic Lip

Pony(a dark taupe)  

$16

こちらもピンクブラウンの仲間。

スタメン(というかもはや独走)チークのローラメルシエ・チャイと、

相性が良くて、かつ、アプリケーターがもしゃもしゃで塗りごこちが良いのである。毎日これでエエ。

f:id:tegomassneverland:20200520001153j:image

KYG(唇よわよわ芸人)の唇にもふんわりタッチでお優しいのである。

比較的青みのある、不健康なピンクブラウン(言い方)という感じで、

全体的に色味のないメイク(ラメとかカラーラインとかのポイントを立てる)に使いますです。

 

 

f:id:tegomassneverland:20200520001207j:imagef:id:tegomassneverland:20200520001216j:imagef:id:tegomassneverland:20200520001224j:imagef:id:tegomassneverland:20200520001233j:image

12

【glossier】

Generation G

LEO                

$18

水彩画みたいなブラウン。

本当に発色が薄くて繊細なので、塗り重ねて調節すごとに色味が変わる、毎日これでエエやつ。

ティントのスウォッチ拭いたあとくらいの発色。

倍くらいの発色にして、油分足したのが次のUZUって感じ。

色だけじゃなくて質感でオシャレする感じで、

自分の唇の色をベースに茶色を重ねていくような。

かわいい〜〜〜〜。一番かわいい。

CAKEという色も持っているのだけど、LEOの方が好き!!

 

 

f:id:tegomassneverland:20200520001250p:imagef:id:tegomassneverland:20200520001316j:image

13

【UZU】

38°C/99°F LIPSTICK

<Tokyo edition>

-2:brown               

2,420円

上記のLEOに似せて使うことができる!

f:id:tegomassneverland:20200520001336j:imagef:id:tegomassneverland:20200520001348j:image

悪く言うとLEOあればこれいらないなと気付いたので、

似合いそうな誰かにあげようと思う。

(顔色の似てる梓さんにプレゼントしたことある)

 

 

f:id:tegomassneverland:20200520001403j:imagef:id:tegomassneverland:20200520001412j:image

14

【Le merveilleuses LADUREE】STICK ROUGE

02デスタン                   

4,400円

これ買ったばかりの時一番使ってた気がする。

いつでもこれだった。毎日これでエエ。

チャイとデスタンは確定でスタートする毎日であった。

鈴木えみちゃん愛用でバズっためちゃカワピンクブラウン。

結構赤いのできちんと感がでる。

ブラウンの割合も程よくて、黒髪の子も似合うと思う。

つまり一番かわいい。

 

以上です。

 

 

f:id:tegomassneverland:20200520001424j:imagef:id:tegomassneverland:20200520001429j:image

15

【TOM FORD】

ボーイズ & ガールズ

(リップカラーシアー)

19Dニコ              

4,070円

うっ

何年たっても一番かわいい。。。

f:id:tegomassneverland:20200520001449j:imagef:id:tegomassneverland:20200520001507j:image

ブラウン+寒色ラメ

の組み合わせは古から愛し、愛されてきた至高の二人なのよ。

そして、ボーイズ & ガールズはこのちいちゃいサイズが最高にかわいい。

気安くデニムの尻ポケットに忍ばせた日には、

着席即起立不可避と言える角ばったデザインも愛。

毎日これでエエ。

 

 

といったところで全15本レビューを終了します。

 

こちらからは以上です。

 

 

 

 

 

おんなともだち

 人付き合い全般が得意なんだけど、一番難しいなと思うのが女友達という関係。

 そう思うきっかけになったのが、高校時代の親友との決裂(?)。未だに本当のところは分からないし、それ以降、女の子に過度に思い入れを持つことは避けているので解決できないままなのだけど。

 

 わたしは都内外れにある私立大学附属の高校に通っていて、全校生徒の半分が併設中学からの持ち上がり進学だった。併中生と呼ばれる附属上がりの子たちに比べ、公立中学から高校受験で入ってきた私たち新入生はみんなダサくて幼かった。

 

 やはり、中学一年の頃から高校生のお姉さん、お兄さんが身の周りにいたり、時には合同で部活動をしていた子たちは早熟で、とてもイケてるように見えた。

 そんなだから、自然と新入生同士でグループが作られていき、4月に名前順の座席でつるんだ子とは違う “しっくりくる相手”   を見つけた夏頃に、わたしはトリオになっていた。

 我ながら順応力が半端ないので、体育の授業のドッジボールをガチることによって併中生のイケてる女子グループに一目置かれ、クラスの一大勢力の仲間入りも果たす。

 

 授業や学校行事では10人近いいわゆる一軍集団で行動したが、その中においてもやはり当初の3人組としての組織は残っていた。そして、年頃の女の子が奇数で集まるとどうなるか、考えなくても分かることだが “特に仲良い2人組と、もう1人”  の図になる。幸い、私達トリオの中の1人が早々に部活の先輩と付き合い始めたことで、角が立つことなく私は2人組となり、結果的にその相方とは親友になった。毎日の登下校を共にし、放課後には帰宅部同士毎日のようにカラオケやプリクラに勤しんだ。

 互いの家に泊まり合う中で、彼女の複雑な家庭環境に触れたりもした。

 彼女の想い人に告白されてしまった時も、キッパリ断った上で正直に打ち明けて、何故か夜中に2人で泣いたりもした。(そのあとこの男に大学卒業まで想いを寄せ続けることになるが、またそれは別のお話)

 バレンタインも、ハロウィンも、クリスマスも、2人で楽しいことを企画して、いつも爆笑していた。クラスでは大所帯に属しているけど、声の大きい私達があらゆる遊びの発起人になり、みんなで色んなところに遊びにいった。

 そんな時もいつも、私と彼女は隣同士に座っていた。

 

 高校2年でクラスが別々になっても、基本的な勢力構成は学年単位で継続された。去年までのクラスでの立ち位置が同じような誰かを、なんとなく見繕いあって、同じような居心地のクラスになっていく。

 当初、一年時の大グループから同じクラスになった子が一人も居なかった私は焦りこそすれ、上手いことたち回って愉快な環境を手に入れた。

 授業やクラス行事で共に行動する女子は居ても、HR終わりには教室で別れを告げ合って元の友達と待ち合わせる。登下校がスクールバスだったこともあり、そこでの絆は特別強く、それは学年全体を通してみな同じ認識だったと思う。

 

 高校生なりに、みんな、律儀な友情観を携えていて、クラスの友達はクラスだけの友達、登下校の友達が一番仲良し、というのをきっちりと守っていたように思う。今考えると、だけれど。

 

 例に漏れず、わたしもいつもの3人組で登校バスに乗り、放課後は2人で遊んで帰る毎日。(もう1人は部活をしていたし、彼氏と帰っていた)

 それが、2年の終わり頃から、変わり始めた。

 ちょうど、同じようなタイミングで彼氏が出来て、どちらかが彼氏と帰る日にはどちらかもそうしたり、そんなふうに、バランス良く関係を維持できていたと思っていたが、段々彼女の様子がおかしくなっていった。

 どうやら彼氏と帰っていない日にも、帰りの待ち合わせを断られているようだと気付いた。

 朝の登校バスも、気付けば私が後ろの席に座ることが増えた。

 知らない間に私以外の2人で遊んでいて、撮ったプリクラを笑顔で渡された時、感じたことのない恐怖で体が震えそうになった。笑顔で受け取れたはずだけど。

 

 結局、3年に上がる頃には完全に2:1の組み合わせが入れ替わっていて、わたしは卒業まで1のままだった。気付いた後、わたしが彼女と2人で遊んだことはない。

 かと言って、卒業式の日まで登下校は一緒だったし、最後に3人で撮った写真から第三者が違和感を掬いとることは出来ないと思う。

 だけど、確実にわたしは「切られた」。

 

 思い当たるのは、私の奔放な恋愛観に引かれてたのかな、というぐらいなのだけど(笑)、きっと違っても一生知ることはないのだろうな。身近な彼女達の心が離れたのだから、当然他の女子にも距離を取られていた。これもまた、気付いたら学年中の女子に距離を持たれていた。(ほんの数人を除いて)

 動揺したし、寂しく、何より恥ずかしい気持ちで落ち込みそうにもなったが、強烈にプライドが高いことで気丈に振る舞えた。結果、高校最後の数ヶ月はほとんど男子と過ごしていた。

 

 残酷なことに、生徒の8割が附属大学に進学するため、わたしはこの呪いを卒業でリセット出来ない。

 「絶対こいつらよりイケイケの大学生になってやるからな」という強い気持ちが私をパーティーピーポー大学ウェイ学部ウェイ学科オールラウンドサークル専攻へと導いた。

 結果、わたしを切ったあの子達よりずっと華やかな大学生活を送った自負があるが、それでもずっと彼女からのマイミク申請を待ってしまう自分がいた。高校からの腐れ縁友達(上記のゴニョゴニョ男)が彼女を悪く言うことで私を励まそうとしてくれたが、ありがとうの気持ちで一緒にディスりつつも、それでも「仲直りしよ」って言われたら尻尾を振って飛びついただろうなぁと今でも思う。

 

 そして、そんな自分がダサくて嫌だなぁとも思う。

 

 という出来事から、大学以降あまり女友達に強く思い入れない様にしてきた。素を見せるのは意外と男相手ばかりで、その結果共依存系彼氏を量産する人生になった。

 

 女の子と接する時にこそ一番空気を読んだり、「この場の役に立つように」という考えで行動してしまうし、逆にいうとライフステージの変化やちょっとした違和感で簡単に縁を切ってしまう。

 切られることが嫌すぎて、先に自分から切る人生の繰り返しの中で、どうやら私は女友達が不得手なのだなぁと自覚した。

 

 でも、そんな自分のことも好きなのだ。

 自分が何に傷付くか、どうしてなのか、どうやったら避けられるか。考えて、自分のために行動できるところがとても良いと思う。

 

 だけど最近、私はまた大きな女友達のネットワークに所属してしまったように感じている。

 趣味の仲間、という集い方をしたのが初めてだから、これからどうなるか分からないけれど、趣味を超えて結び付く瞬間や、空気を読むことにこだわらなくてもいいやと思える夜を共にして、それが年単位で続いていることに、さすがに降参した。

 

 苦手なことに距離を取る処世術が武器のわたしですが、性懲りもなく女友達が増えてしまった。弱点が増えてしまったけれど、仕方がないので受け入れて乾杯を繰り返してゆく。

 

 もしかしたら、今度はうまくゆくのかもしれない。

NEW STORY

本当は、私は、NEWSのコンサートが予定通りできなかったことが一番つらい。

予定通り立ち会えなかったことが、観られなかったことが、それが一番つらい。

 

いい歳した既婚女性が、ジャニーズのコンサートひとつ我慢できなくてどうする、

世界中にもっとシリアスな局面に立たされている地域があって、家族や自分の命を賭して働く人たちがいて、

そんな私の理性的な視点がフタをしてくれるけど。

 

Twitterにだって書かないし、

夫にも、友達にも言わないし、

そんなこと、思ってもないように明るくたのしくステイホームを全うして見せるけど。

 

だけど、一連の新型ウィルス被害じゃない自分事の生活にだって悲しいこととかやるせないこととか、諦めたり、故意に忘れたり、手放したりした、楽しいだけじゃない運命のイタズラとかもあって、それを私はTwitterに書かないし、夫にも友達にも言わないし、

そんなこと、思ってもないように明るくたのしく生きてきたから。

自分に「言わない」って約束して、堪えたシーンだってあるから。

 

そうやって何十年も生きてきて、そういう生き様を望んで、やってきたから、

 

NEWSが歌う姿や声にどれだけ助けられたか。

 

彼らが歌う“誰か”の歌に、どれだけ許されたか。

 

彼らのパフォーマンスに感動する涙に隠れて、どれだけ自分を慰められたか。

 

泣いていいよって、そのくらいわたし頑張ってるよって、そんな風に自分を許せるか。

 

ひとに言えないこと、言わないこと、

 

自分だけが知ってる自分のために、NEWSがとても必要なのだ。

 

だから頑張るのだ。

 

頑張れるのだ。(ハム太郎

コンプレックスの話

 なんだかんだで今日も早朝に無双モードになっている。

 実家暮らしでは母に起こされていたせいで、なんとかまともな人間生活をこなしていたけれど、よく考えてみると私は幼い頃から夜が好きだった。

 小学生時代、ベッドに入ってから頭の中に時間割を作り、その内容通りに考えごとをしながら寝落ちするという楽しみがあった。好きな男子に話かけるネタを作ったり、席替えでどんな配置になったら最高か妄想したり、友達の誕生日会に着ていく服のコーディネートを考えたり。

 中学に入ると、母や弟が眠った夜中にそっとリビングへ降り、私のDNAの素である夜の住人・父とおしゃべりするのが好きだった。父は会社の経営者で、毎日昼に出掛けて夜遅く帰ってくる生活をしていた。母は「子供の運動会もまともに参加したことがない」なんて嘆くけれど、私も弟も父が好きだし、愛情が足りないと感じたこともない。

 そんな父とたくさん話せる夜中はすごく特別な時間で、主に読んだ小説の感想を話したのだけど、まだ子供な私の感想を興味深そうに聞いてもらえることが嬉しくて、父の読んだ小説を次々と追いかけた。

 大学生になり、不真面目らしく外泊をくり返し、そのたびに母から心配のメールがきていたが、父からそういった連絡をもらったことはおろか、小言を言われたこともなかった。酔って帰った深夜には、相変わらず小説を読んだり映画を見ている父の姿がリビングにあって、世間話をする時もあれば一緒に映画を観ることもあった。

 会社員になると、父のオフィスと私の勤め先が徒歩数分の距離になったため、よく父の車に乗せて貰って出勤していた。自宅から一時間弱のドライブは楽しくて、その時にも小説や映画や、少し仕事の話もするようになった。帰りに待ち合わせて食事をする日もあったりして、それまで生魚が食べられなかった私は寿司屋のカウンターで衝撃を受けたりもした。

 気付けば私は、父にとって「おもしろい長女」になりたいといつも思っていた。そんなふうに過ごす時間の中で、徐々に父と対等みたいになれる瞬間が嬉しく、今ではきっと母よりわたしの方が父の仕事を理解しているように思うし、少しだけど一緒に仕事をしたこともある。

 母のような「ザ家庭の女」をかわいく思いながら、私の恋愛観はいつも「好きな男に一目置かれる」ことをゴールにしてしまうのだ。

 コンプレックの類は、あまり無いと思っているけれど、私は立派なファザコンなのだ。

【ベスコス】#ベストコスメ2019【頑張れなかった】

6月のようなやる気が出ず、画像作ったりしてないけど一応記録としてやっていくッッ

 

下半期ベストと年間ベストを分けようか悩んだけど、コフレ系は割とツイートした気もしたから年間だけで行くッッ

 

f:id:tegomassneverland:20191221130342j:image

 

チークは上半期から続いてチャイ一択!

f:id:tegomassneverland:20191221163006j:image

やっぱり大好き。メイクする日の9割以上チャイ。

色よしモチよし!本当に落ちないので、あまり持ち歩くことはないのだけど、泊まりがけの時とかにはSUQQUくらい薄くてブラシ付きになって欲しいなぁと思ったりもする。でもそれだけ!サイコー!

 

NAILSINC様々である。

左:トップコート天才速乾王。贈り物にも選びがち。

f:id:tegomassneverland:20191221164153j:image

中:マルチカラーのランダムサイズなラメがコンフェティみたいで可愛い!!(ただクッソ落としづらい)

f:id:tegomassneverland:20191221162749j:image

右:チャイキスというクリーミーなブラウンベージュは悩んだらコレ的に使い倒している。限定なのがつらい。

f:id:tegomassneverland:20191221162800j:image

 

HAKUの美白美容液ファンデーション。本当はダメだけど、うっかり寝ちゃっても肌ダメージ感じづらいし、日中の崩れを汚く感じないので私の肌に合ってるんだと思う。ロージーローザのシフォンタッチスポンジを濡らして使っている!

 

glossier/playシリーズのリキッドリップ。

f:id:tegomassneverland:20191221164257j:image

ponyという色。あまりツイッターに載せなかった気がするけど、アプリケーターが塗りやすくて軽さの割に発色も良いので結構持ち歩いていた。気付いたら使っている相棒リップ。

 

CAROME.のリキッドライナー。私はアイラインで遊ぶとしてもインライン(【殿堂入】CANMAKEのジェルタッチライナー)と目尻ラインはほぼマストで黒や茶を使うのだけど(そこにプラスでカラーライナーとか入れる)。目尻用のリキッドは“なんでも良いからとりあえず落ちないもの”ぐらいにしかこだわってなくて。でも!今年これ買ってから筆の具合と液量(これ結構重要だよね)と落ち無さ(でもクレンジングしたら落ちやすい)が気に入って、来年もリピすることにした!ダレノガレさんには何の感情も無いけど、パケも良いよね♡

 

stilaのグリッター。ブロンズベルという色で、ブロンズカラーにシルバーグリッターなのだけど、とにかく粒がデカい。ので、私は綿棒で下まつげの生え際に入れるのにハマっている!!めっっちゃ可愛いから絶対1人一本買うべきやな🥺(超今更)

 

fenty beauty のハイライター。

f:id:tegomassneverland:20191221162816j:image

私のコスメの大先生と勝手に憧れている吉井さん(@chocofuc)のツイートで見て欲しくなって買ったもののひとつ。そしてこれは銘品であった。色白〜ちょっと日焼け肌くらいまで、イエベとかブルベとか問わず馴染むのではなかろうか。シマーなツヤと、ラメっぽいツヤの二色セットで入っていて、使い方で艶感調整できる有能なやつ!海外旅行に行ったらぜひチェキしてほちいし、早いとこ日本に入ってきてほちい。

 

 

f:id:tegomassneverland:20191221132609j:image

 

アイシャドウは今年はパレットを愛した一年だったかもしれない。

 

SUQQUのホリデーパレットは左上と右下がめっっちゃ気に入って最近ほぼコレ。

Charlotte Thilbury のピロートークは一年中使った。来年も絶対使う。流行りすたりない色。

逆にNARSのヴォワヤジュール1191は流行りの感じに仕上がるように思う。

f:id:tegomassneverland:20191221163027j:image

マットだけ使ってもかわいい。サイズ感もとても良い。国内は限定(完売)だったようだけど海外では普通に買えるのでこれも旅行の際にチェックをオススメしたい。

セルヴォークのインフィニトリーカラーは単色買い揃えマンだけどホリデーのパレットもすごく気に入っている!左下の黄色を足すと手持ちにないような色に仕上がるからとても重宝している。

 

f:id:tegomassneverland:20191221133504j:image

ラシャスを半年かけて使い切った。今は在庫があったピンクを使っているけどクリアを待つべきだった。最初に塗っといて、リップ塗る前に落とすような使い方してるので関係ないっちゃないけどそのピンクが似合わなすぎてメイク中サゲリシャスなのじゃ。ぴえん。

 

shiroのジンジャーリップ、限定色。

f:id:tegomassneverland:20191221163137j:image

ラメがエグいかわいいのでちょいちょい色んなリップに足している。赤いラメがかわいいんだよなあ。

 

ピカシュウのロージーショット。本命はパンプキンだったのに、意外と使ってるのはこちらばかり。直前に見たマレフィセント2のオーロラの可愛さにやられて、ローズピンクのリップを求めたのさ。

 

そんなマレフィセント繋がりのMAC。パウダーキスというシリーズの、インパルシブという色。黄味寄りのブラウンが手持ちにないので一本欲しいとお勧めを出してもらった中から選んだもので、これがまたかわいいので気に入っている!マットは好みじゃないのだけど、このパウダーキスというシリーズのテクスチャは好き♡ちょっと湿った感じのマット、という感じ。キャンペーンでもらったマレフィセントキャップを付けて使っている!

 

で、年間ベストコスメを一品だけ選べと言われたらコレ!というレベルで大好きなのがローラメルシエのリップ、5番のブランナチュレルという色。

f:id:tegomassneverland:20191221163949j:image

大好物の赤みブラウンかつ、少しだけクリーミーで、ツヤすぎず、でもしっとりしたつけ心地。。。気付いたらコレばかり塗ってしまう、そんな秋冬です。これもイエベとかブルベとか選ばずに使える色なのかなと思うのでとってもオススメ。

 

f:id:tegomassneverland:20191221154543j:image

スキンケア部門では、goodalを気に入って使い通しました。セラムから入ってクリーム、パック、下地、とライン使いナウ。

ただ、夜使うには私は保湿が少し足りないので、キールズのUFCクリームとかクラランスのダブルセーラムを足したりしています。

 

あと、肌の調子が悪いな、なんかニキビ的だな、と思う時期はglossierのソリューションを使ってました!

f:id:tegomassneverland:20191221154548j:image

f:id:tegomassneverland:20191221155318j:image

こちらも吉井さんが推してたので購入したモノで、すごく良かったです。入浴後にこれ使ってコットンで拭き取りしてます。最近もニキビ的だったので使っている。

 

f:id:tegomassneverland:20191221155927j:image

番外編だとヘアアイテムはナプラのシアオイルがとても良い!オイルなのにぺっとりせずにサラッとしている。匂いも好き。

 

f:id:tegomassneverland:20191221155930j:image

匂いといえば、ガブリエルのヘアミスト。

最近は香水よりもこっちを使うことの方が多いぐらい気に入っていて、良い意味でCHANELっぽ過ぎないところが好みである。

 

と、いうところで終わり!今年も散財したなァと思いつつ、毎日を楽しく過ごせたのはコスメたちのおかげでもあったので問題無し。

来年は2月に初韓国の予定が入っているので、すでに散財の予感。

 

皆さま、良いお年を〜♡(唐突)

 

 

 

【2019/11/11】DEAR MY SUPERSTAR YUYA

手越くんのお誕生日に寄せて、突然ですが自分の大切なものの話をします。

f:id:tegomassneverland:20191110203801j:image

 

◆気持ち

わたしは、自分の感情がとてもすきで、とても大切にしている。

面白いときも、怒ったときも、悲しいときも。心が動いたときに、自分の中に生まれる気持ちや感情を、人生で一番楽しいものだと思っている。

エンターテインメントの核は、受け取った人の感情だと思っていて、例えばそれをつまらないと感じたとしても、そう感じたことそのものがある種の愉しみである、というような。私がどう受け取ったか、を、私が一番楽しんでいる。

幼い頃から、読書をするときには全ての登場人物に感情移入するタイプの読み方をしてきて、そのせいでキャラクター造形に敏感な大人になった。少しでも違和感があると、「ここで彼がこんな事を言うわけない」と、引っかかってしまう。結果的に、それが伏線になっていることがほとんどなんだけど、でもたまには釈然としない読後を迎えることもあって。

でも、そういうことの積み重ねで、いわゆる“人付き合いにおいて空気を読む”というようなテクニックが身についたとも思っている。他者と接するとき、その人のキャラクター造形を見つめている分、“たぶんこういう事を考えてるんだろうな”とか、“こうされたら嫌なタイプだろうな”というような、自分なりの解釈が比較的早い段階で生まれる。

それが生まれてしまったからには、なるべく相手が楽しめる場になるよう努めるし、歳を重ねるごとに反射的にその振る舞いが出来るようにもなって、家に帰ると思ったよりも疲れていたりする。

接した人が望む反応を、返答を、振る舞いを、基本的にはしたいと思っていて、自分に嘘のない範囲内でそれをやってる、驚きの無い毎日なんだけど、そんな中だからこそ、予想外に心が動く瞬間に出くわすと、泣いてしまう。

私も立派に大人を名乗れる年齢になり、だいたいのことは想定の範囲内の結末になる事、悪い言い方をすれば、だいたいのことは思い通りにはできないことを知っている。

だからこそ、起こりうる範囲内の希望を光にして歩いていくのだけど。

たまに、思ってもみない強い光に目が眩んで、泣いてしまう事がある。

一番わかりやすい例が、NEWSのコンサートで。

「ああ、私、これが見たかったのか」と、自分でも知らなかった自分の望みを、突然叶えられてしまうことばっかりだからだ。

私のことは、私が楽しませないといけないと思って生きてきた分、これには驚いてしまって、初めてNEWSを見た東京ドームでのひと時から、毎年同じように驚いて、嬉しくて、私の知らない私の感情に、胸が膨らむ。

他には、夫の何気ない行動に愛情の深さを感じたときとか。

ふと思い出した親の言葉に愛情の深さを感じたときとか。

最近だと、みんなでキャンプファイヤーしたときとかも。

 

予想外の色んな感情が生まれる自分の感受性がすごく好きだから、ちょっとでも気になるモノコトはなるべく齧って、試して、驚きながら生きていきたいと常々思っています。

 

◆言葉

わたしは、自分の言葉も好きで、すごく大切にしている。

一番届く言葉を選びたいし、それが出来ると信じている。そのためにも、自分の言葉に説得力を持たせていたいから、思ってもいない事は言いたくない。

必要な嘘をつくことは簡単に出来るうえで、言いたくない事は絶対に言わないって決めて生きている。

ありがとうとごめんなさいには、そのこだわりが強くて。

私の好きな私は、思ってもいないありがとうを言わないし、思ってもいないごめんなさいを言わない。

あとは、“絶対”と“ずっと”も。

嘘になったそれらの数だけ、説得力が死んでいくから。気安く使いたくないのである。

(「もう絶対お酒飲まない」は除く)

 

そうやって、わたしの言葉を守っているつもりで、それは私なりの誠意で。

これが正しいとか常識だとか言うつもりはさらさらなくて、何にでも感謝できる姿勢は美徳だという考え方も知ってるのだけど。

単純に、わたしはそうなりたいわけじゃないのだ。

で、そうやって過保護に自分の言葉を育てて、それで何がしたいのかっていうと、一番届く言葉を選びたいっていう最初のスローガンに繋がる。

言葉の面白さを、残酷さを、怖さを、日々感じるからこそ、ツールとして使いこなしたいという思いが強い。

「好き」のバリエーションも、「嫌い」のバリエーションも、誰よりもたくさん持っていたい。

そんな想いから、日々、読書をしたり、人の話を聞いたり、ドキュメンタリー番組を見たりしています。

 

手越祐也

わたしは、手越祐也くんが好きで、NEWSがとてもとても大切です。

手越くんを追っていて得られる感動も、NEWSのコンサートで受け取る愛情も。

手越くんに向ける自分の情熱も、NEWSに傾ける信頼も、期待も、時には不安も。

先に説明した通り、その全ての感情が私の好きなわたしの一部分で、だから、人生をかけて大切にしています。

そして、それらを、一番届く言葉で表現したい。

この人が言うなら、NEWSってサイコーなんだろうね、なんて、思われるくらい、説得力のある人間になりたい。

こんな気持ちになれるなら、NEWSのコンサートに行ってみたい!と、思われるような言葉を育てたい。

 

こんな風に、わたしの人生をより気高いところへ向かわせてくれるのが、手越祐也くんで、NEWSです。

 

NEWSに貰ったものと、天秤が釣り合うほどの私になりたいと思うから、

また明日からも、私の好きなわたしを続けたいと思う。

 

そんな、天翔る光の手越担なのだった。

 

ハッピーバースデー、手越祐也くん。

今日から数ヶ月だけ同い年のあなたは、私にとって、アイドルの神様で、スーパースターだよ。

貴方が貴方でいる限り、絶対に、ずっと、私はあなたを一番応援します。

 

32歳も駆け抜けてね!

 

2019年11月11日

f:id:tegomassneverland:20191110203919j:image

 

【ネタバレ無し】拝啓、TVガイドperson様【病みそして光】

たぶん一か月くらい病んでいた。

もしかしたら、もうちょっとくらい長かったかもしれない。

 

自分が手越くんのこと好きなのか不安だった。

NEWSのことは確実に好きなんだけど、手越くんのこと今までと同じように(かそれ以上に)好きなのかわからなくなっていた。

NEWSな二人を観て、ビビットを観て、BORDERを、ボイスを観て、少クラを観て、それらにまつわる各媒体への露出を見て、内容に関心したり、その姿に沸いたりすると同時に、得体の知れないボワボワした心地よくない何かが胸の中に溜まっていくのが怖かった。

 

手越くんの、ラジオやRINGでの発言、メッセージを受け取るたびにそのボワボワが刺激されるのがわかった。

今までだったら、彼の、時に浅はかな思想とか、稚拙な言葉尻を私なりに解釈して伝えたい真意に寄り添えていたのに。

正直、まるで受け止められなくて、否定的な感情がボワボワをより大きくさせて、それがめちゃくちゃ怖かった。

 

そんな時期と重なるようにEXITにのめり込んでいって(24HTVから色々あったし)りんたろーさんと、かねちの発する言葉や笑いに救われたり愛を深めたりしていたから、余計に不安で不安でたまらなかった。

特に、かねちの言葉は、私が勝手に解釈していた手越くんのスピリットに近いものを感じて、それがすっごく心地よかったもんだから内心ヒヤヒヤしてしまった。

 

え?これもしかして担降りする人のアレなん?

って、夜中とか、寝起きとかにふと冷や汗をかいたりもした。

SONGS OF TOKYOの観覧に当選したのに、なんだか後ろめたさすら感じて、もうどうなることかと思ってもいた。

神のささいな言葉に激昂して3日くらいシカトしてしまったりもして、それは手越くんに関する事だったから、この怒りがあるうちは私は大丈夫、みたいな錯覚も起こしてしまうほどに病んでいた。

 

いやぁ、病んでいたなぁ。

 

風向きが変わったのはタイトルにもある通り、TVガイドpersonの手越くんのページのチラ見せツイートを読んだ時で。

 

それからの数日間は、とにかくパーソンが私を救ってくれるはずだ、パーソンさえ手に入れたら大丈夫だ、と、特効薬にすがるかのように自分に言い聞かせながら生きていた。

strawberryやSOT観覧の何百倍もパーソンを求めていた。これは冗談でも誇張でもなく。

 

で、台風のせいかは分からないけどAmazonさんが今日届けてくれないと知った午前中には書店に赴く準備を始め、午後イチで買って駅ビルのスタバで読んだんだけど。

もう、泣いてしまって泣けてしまって全然読み進められなかった。たっぷり時間をかけて、ハンディファンで眼球を乾かしながら読了した時にはすっっっかり元どおり光の手越担と化していた。

パーソン様、ありがとう。表紙でもないのに2冊買ったよ。ありがとう。

 

これは完全に手越くんの話で、ほかのどんな出来事とも無関係なんだけど、私は、NEWSを大事にしてる手越くんのファンなの。

もしも手越くんがNEWSを辞めたら、わたしはどんな理由があっても同じ熱量で追いかけられなくなってしまうと思う。手越くんのいないNEWSも、つらくて追えなくなってしまうだろうし、NEWS担とも会えなくなってしまうと思う。

そのくらいガチッと、NEWSの手越くんが好き。

 

それを実感するのがコンサートで、NEWSを歌ってNEWSを踊る手越くんを見ると、何時間でもずっと心が震える。

「うわ〜〜〜〜〜〜〜〜好き〜〜〜〜〜〜」

と、トランス状態になってしまうし、涙腺がガバガバになって氷結5本分は容易に泣いてしまう。

目の前の手越くんから、NEWSやNEWSファンを大切に思う気持ちが垂れ流しになっているので、何の不安もなくその光に包まれてしまう。

だからきっと、その反動で、現場のない時期は常に飢餓状態でもあって。

各種媒体で語られる言葉やふるまいにそれを探して食いつなぐんだけど。

 

このところ、手越くんの露出が少ない(と感じる)ことで乾きそうになっていた。

もちろん、紅とそれにまつわるエトセトラは美味しくいただいたし、夏の大型音楽特番への出演も何度となく擦り散らかしたけど。

“NEWSを愛する手越祐也”に飢えてしまっていた。

 

そんな私の心の隙間に染み入るパーソンよ。嗚呼、パーソンよ。

まだまだ未読の方も多いと思うので内容には触れないけど、もう、本当にこの言葉が欲しかったんだよ、これも、これも、これも、全部言って欲しかった言葉だったんだよ、って、ガチ泣き。もうガチ泣きです。

なんなら、欲しかった以上の言葉が溢れていて、私はいま、ヒタヒタです。

フェイスマスクならSK-IIのくらいヒタヒタ。

高級料亭の揚げ出し豆腐くらいヒタヒタ。

猫のお鼻もびっくりのエヴリタイムしっとり。

ありがとうシゲ加藤。

 

このメンタルでstrawberryを手に入れられて本当に良かった。

そしてSOT死ぬほど楽しみでウレションしそう今さら。

 

あと神に申し訳なかったなと思ったので今夜はすき焼きにします。

お後がヒュイゴ〜〜ッッッ!!!